家で働きたい主婦のための在宅ワーク

在宅ワークの2つのはたらき方

『在宅で働く』ということを母たちに伝えてきて感じることがあります。

「起業して経済的に自立した主婦になるぞ!」と在宅で働くことを選ぶ方がいる一方で
⁡「外での働き先がなくて在宅起業を選んだ」という方が一定数いるということです。

家で働く=在宅ワーク=在宅起業

という構図がある一方で、起業した方をサポートするバックオフィスという働き方もあります。

今日は、在宅ワークの2つの働き方について、お伝えさせてください。

主婦が在宅で働くには2つの働き方がある

自由になるために起業する母たちがいる一方で、自分で仕事を作ることが辛いと感じる方もいます。

得意なことや好きなことが仕事になってライフワークとなる人もいれば、
起業はあくまでライスワークで、”辛い”と感じる方がいるんです。

働く時間を自分の都合でコントロールできる起業は自由な働き方ではあるけれど、
働き出した瞬間から収入が発生するものではありません。

収入の上限がなく戦略や仕組み次第で上げることも下がることもあることは面白い世界だけれど、
裏を返せば、全ては自分の責任

だから楽しい!と思う人もいれば、雇われることを好む人もいて、
私が前者であれば、6年近くお付き合いしてくれている外注さんたちは後者。

起業バックオフィス

在宅で働く主婦たちの循環

これまで物販で収入を得る方法を伝えてきて『経済的に自立する主婦』を増やすことにばかり目を向けていたけれど
その先が伝えられたら、『家でパートができる主婦』も増やせるのではないかと思っています。

主婦が起業すると、これまでの家事育児に加えて仕事が加わるのですから時間を作ることが最大の課題になります。
起業を成功するポイントの1つは「人に頼ることができるか」です。
自分は経営者としての仕事を、その他のバックオフィス業務を外注化することで時間を作ります。

起業した主婦が、主婦へ外注業務を委託する
できた時間で事業拡大して、更に外注化を進める

こんな循環が作れたら、突然の休校も怖くないですよね^^

view more

TOP